舞台タンゴオリジン2014 名古屋公演

タンゴオリジン2014名古屋公演


舞台公演・タンゴショー、タンゴオリジン2014の名古屋公演の情報です。

本場アルゼンチンで注目を集める気鋭の音楽家、ブエノスアイレスの楽団バーレ・タンゴ(Vale Tango)の
ピアノ兼リーダーを務めるアンドレス・リネツキー(Andres Linetzky)音楽監督のもと、
楽団の第1バンドネオン奏者ニコラス・カプシスキ(Nicolas Capsitzki)、
第1バイオリン奏者アレハンドロ・シャイキス(Alejandro Schaikis)が、日本タンゴ界で活躍する
会田桃子(バイオリン)、鈴木崇朗(バンドネオン)、東谷健司(コントラバス)の3名を加えて
セステート(六重奏団)を結成。
アルゼンチンから来日するタンゴダンサー、シンガーが繰り広げる豪華絢爛なタンゴの舞台です。

ダンサーは、タンゴ界の3大巨匠の一人、ロベルト・エレーラ&ラウラ・レガスクエ
(Roberto Herrera&LauraLegazcue)と、クリスティアン&ナオ(Cristian&Nao)、
ディエゴ&ベロニカ(Diego&Veronica)、マキシミリアーノ&シンティア(Maximiliano&Cinthya)。
シンガーはパウラ・カスティニョーラ(Paula Castignola)。

第1部・第2部とも:来日アーティストによるダンスと演奏と歌。

タンゴオリジン2014名古屋公演
本日3/29毎日新聞(愛知県版)掲載
S席残り僅か!お見逃しなく!

2014年4月27日開催の『名古屋グランミロンガ』とのセットチケットもあります。
詳細は、直接お電話かホームページでご確認お願いします。

舞台公演タンゴオリジン2014の名古屋公園に関する詳細はこちらからお願いします


タンゴオリジンプロダクション・名古屋事務局
Tel:052-613-9561
Mail:タンゴオリジン2014名古屋公演・メールお問い合わせはこちら
tiket-nagoya@tango-origin-concert.com


■関連記事■

アルゼンチンタンゴ・コンサート情報、タンゴオリジン2014 名古屋公演


アルゼンチンタンゴ・イベントページに戻る

サブコンテンツ

講師紹介

takehara
竹原 浩司(たけはら ひろし)

幼少期はバレエ、その後、社交ダンスのプロを経た後、アルゼンチンタンゴのプロとして25年以上在籍。巨匠リバローラ&マリア、ミゲルアンヘル・ソット、セルヒオ・ガチ、ガビートなど一流のマエストロ達の下で10年以上のブエノスアイレス留学経験を持つ。


ダンス以外にも剣道四段など身体感覚を微細に捉える能力に優れる。これらの経験を活かし、初心者には分かりづらい「身体感覚」を具体的な言葉として伝えるレッスンを展開中。従来の経験と勘に頼る指導とは一線を画すその指導メソッドは、特にダンス初心者・中級者に好評を得ている。