ダンサー情報:川井郁子(Ikuko Kawai)

香川県出身。東京芸術大学 卒業。同大学院修了。
現在、大阪芸術大学(芸術学部)教授。

国内外の主要オーケストラをはじめ、世界的コンダクター、
チョン・ミョンフンや世界的テノール歌手ホセ・カレーラス
などと共演。
さらにジャンルを超えてジプシー・キングス等のポップス系
アーティスト、バレエ・ダンサーファルフ・ルジマトフ、
熊川哲也、フィギアスケートの荒川静香らとも共演している。

作曲家としてもジャンルを越えた音楽作りに才能を発揮。TVやCM等、映像音楽の
作曲も手がける。
またミシェル・クワンが「レッド・ヴァイオリン」を使用して世界選手権で1位に輝くなど、フィギアスケートの世界でも楽曲が数多く使用されている。

自身の音楽世界に加え独自の表現世界を持ち、舞台芸術と一体化した
演奏パフォーマンスで新たな舞踊劇・音楽劇を作り出している。
オリジナルアルバム「レッド・ヴァイオリン」、「オーロラ」、「嵐が丘」、
抒情歌アルバム「La Japonaise」等は、クラシック界で異例の発売記録を更新。

2008年にはニューヨークのカーネギーホール公演でアメリカデビューを果たした。

2010年には映画「トロッコ」で初の映画音楽を担当し翌年の大阪アジア映画祭で音楽賞を受賞。
また、ファルフ・ルジマトフ氏との舞台「COLD SLEEP」は東映より初の音楽舞台映画として映画化された。
2012年11月3日公開の映画「北のカナリアたち」の音楽を担当し、第36回日本アカデミー賞で最優秀音楽賞を受賞。

社会的活動として「川井郁子 Mother Hand 基金」を設立。国連UNHCR協会国連難民親善アーティスト、日本ユネスコ国内委員会委員を務める。

2013年、映画「北のカナリアたち」で第36回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。
社会的活動として「川井郁子 Mother Hand基金」を設立。
国連UNHCR協会国連難民親善アーティスト、日本ユネスコ国内委員会委員を務める。

2014年5月開催のタンゴ舞台「タンゴオリジン2014」より、
アルゼンチンタンゴ・ダンサーとしての活動を開始。


>>【舞台公演タンゴオリジン2014・出演者情報に戻る】

>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーに戻る

サブコンテンツ

講師紹介

takehara
竹原 浩司(たけはら ひろし)

幼少期はバレエ、その後、社交ダンスのプロを経た後、アルゼンチンタンゴのプロとして25年以上在籍。巨匠リバローラ&マリア、ミゲルアンヘル・ソット、セルヒオ・ガチ、ガビートなど一流のマエストロ達の下で10年以上のブエノスアイレス留学経験を持つ。


ダンス以外にも剣道四段など身体感覚を微細に捉える能力に優れる。これらの経験を活かし、初心者には分かりづらい「身体感覚」を具体的な言葉として伝えるレッスンを展開中。従来の経験と勘に頼る指導とは一線を画すその指導メソッドは、特にダンス初心者・中級者に好評を得ている。