歌手情報:パウラ・カスティニョーラ

 パウラ・カスティニョーラ (Paula Castignola)

 イタリア移民の家庭で育ち幼い頃より歌が大好きだった
 パウラは、次第にイタリア歌曲のシンガーとして、
 その才能を開花させていった。
 2004年、20歳の時に音楽グループ“アズーロ(Azzurro)”
 を結成、メイン・ボーカリストとして、ブエノスアイレスの
 イタリア系コミュニティ主催の音楽祭に数多く出演し
本格的な活動を開始。

翌年2005年、イタリアを代表する世界的歌謡祭サンレモ歌謡フェスティバル”に
出場、外国人として唯一のファイナリストに選出される。
2006年、ブエノスアイレス・イタリア文化協会後援の音楽劇
“オー・マンマ・ミーア”に出演し好評を得て、2010年にブエノスアイレスの
コリセオ劇場で再演。

2000年代末からはタンゴに惹かれ、その優れた歌唱はやがて
バンドネオン奏者カルロス・コラーレスの目にとまり、
タンゴ歌手として本格的にデビュー。

2010年、生まれ故郷の“キルメス・タンゴ・フェスティバル2010”に出演、
詩人オラシオ・フェレールと共演し喝采を浴びた。

2011年、著名女性シンガー、マリア・エレーナ・ウォルシュに捧げた
ミュージカルを、キルメスのドーニャ・ロサ芸術ホームで発表し絶賛を浴び、
2012年にはブエノスアイレスで再演。

2013年末には、待望のファースト・アルバムをリリース予定。
また同年、20世紀初頭にアルゼンチンに渡ったイタリア移民の事を
物語った音楽劇に出演し、成功を収めている。

ステージ・キャリア豊富な美貌の実力派シンガーとして、
タンゴ界注目の新進女性シンガー。


>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーに戻る

サブコンテンツ

講師紹介

takehara
竹原 浩司(たけはら ひろし)

幼少期はバレエ、その後、社交ダンスのプロを経た後、アルゼンチンタンゴのプロとして25年以上在籍。巨匠リバローラ&マリア、ミゲルアンヘル・ソット、セルヒオ・ガチ、ガビートなど一流のマエストロ達の下で10年以上のブエノスアイレス留学経験を持つ。


ダンス以外にも剣道四段など身体感覚を微細に捉える能力に優れる。これらの経験を活かし、初心者には分かりづらい「身体感覚」を具体的な言葉として伝えるレッスンを展開中。従来の経験と勘に頼る指導とは一線を画すその指導メソッドは、特にダンス初心者・中級者に好評を得ている。