奏者情報:東谷 健司 Kenji Azumaya

 東谷 健司 (Kenji Azumaya)

 1969年生まれ。三重県鈴鹿市出身。早稲田大学文学部卒。
 オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ91年度バンドマスター。
 あがた森魚のアルバム『バンドネオンの豹
 (ジャガー)』に衝撃を受け、
 1988年よりオルケスタ・デ・タンゴ ワセダでタンゴの
 演奏を開始。
オマール・バレンテ、カルロス・ニエシ等アルゼンチンのトップアーティストたちと
赤坂にあったライブラウンジ「ノスタルヒアス」にて数年間にわたり共演。
以後、アルゼンチンの多くのトップアーティストたちと共演。

1996年から2002年頃までは、”小松亮太とタンギスツ”に参加。

1996年、ピアニスト熊田洋とタンゴデュオ “エル・タンゴ・ビーボ”を結成。

2008年より、あがた森魚のサポート・ミュージシャンとしても活動、
同時に2009 年からは、”オルケスタ・アウロラ”のコントラバスとしても活躍。


>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーに戻る

サブコンテンツ

講師紹介

takehara
竹原 浩司(たけはら ひろし)

幼少期はバレエ、その後、社交ダンスのプロを経た後、アルゼンチンタンゴのプロとして25年以上在籍。巨匠リバローラ&マリア、ミゲルアンヘル・ソット、セルヒオ・ガチ、ガビートなど一流のマエストロ達の下で10年以上のブエノスアイレス留学経験を持つ。


ダンス以外にも剣道四段など身体感覚を微細に捉える能力に優れる。これらの経験を活かし、初心者には分かりづらい「身体感覚」を具体的な言葉として伝えるレッスンを展開中。従来の経験と勘に頼る指導とは一線を画すその指導メソッドは、特にダンス初心者・中級者に好評を得ている。