オルケスタ タンゴ オリジン(Orquesta TANGO ORIGIN)

オルケスタ①バンドネオン/鈴木崇朗

1986年、札幌生まれ。中学生時代、小松亮太の演奏
を聴いて衝撃を受け、バンドネオンを学ぶことを決意。
2001年よりバンドネオンを小松亮太に師事。
さらに、たびたびアルゼンチンに留学し、
フリオ・パネ、ネストル・マルコーニにバンドネオン
を師事し、さらなる研鑽に励んだ


オルケスタ①ピアノ/三枝伸太郎

ジャズ、ポップス、タンゴ、ブラジル音楽などを中心に
幅広く活動。2008年よりバンドネオン奏者、
小松亮太氏のコンサート・ツアー、レコーディング
に参加。
作曲家としても、CM、映画音楽、舞台音楽、
ミュージカルなど幅広く手がけている。
最近の映画音楽の仕事として「センチメンタルヤスコ」
「空の境界」(堀江慶監督)
「あぁ….閣議」(郷力大也監督)など。


オルケスタ①ヴァイオリン/宮越建政

TV局のディレクターとして、番組の企画・構成・演出
をしていたが、ヴァイオリニストに転職した異色の奏者。
タンゴ、クラシックを中心にライブやレコーディング
の演奏・企画を手がける


オルケスタ④コントラバス/東谷 健司

1969年生まれ。あがた森魚のアルバム『バンドネオン
の豹(ジャガー)』に衝撃を受け、1988年より
オルケスタ・デ・タンゴ ワセダでタンゴの演奏を開始

これまでアルゼンチンの多くのトップアーティスト
たちと共演。1996年から2002年頃までは、
”小松亮太とタンギスツ”に参加。
1996年、ピアニスト熊田洋とタンゴデュオ
“エル・タンゴ・ビーボ”を結成。
2008年より、あがた森魚のサポート・ミュージシャン
としても活動。



>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーのページに戻る

サブコンテンツ

講師紹介

takehara
竹原 浩司(たけはら ひろし)

幼少期はバレエ、その後、社交ダンスのプロを経た後、アルゼンチンタンゴのプロとして25年以上在籍。巨匠リバローラ&マリア、ミゲルアンヘル・ソット、セルヒオ・ガチ、ガビートなど一流のマエストロ達の下で10年以上のブエノスアイレス留学経験を持つ。


ダンス以外にも剣道四段など身体感覚を微細に捉える能力に優れる。これらの経験を活かし、初心者には分かりづらい「身体感覚」を具体的な言葉として伝えるレッスンを展開中。従来の経験と勘に頼る指導とは一線を画すその指導メソッドは、特にダンス初心者・中級者に好評を得ている。