アーティスト情報:マキシミリアーノ&シンティア

マキシミリアーノ&シンティア[Maximiliano & Cinthya]

マキシミリアーノは16歳でサラテ市のバレエ団に、
シンティアは15歳でコロン市のバレエ団にそれぞれ入団。
その後頭角を現す。2009年「ルナ・デ・タンゴ」構成員、
シンティア・トミノとペアを組み、チリ・ウルグアイ・
アルゼンチンのツアーに参加。
ルナ・デ・タンゴ・ダンスカンパニーの主要メンバーとして
チリ、ウルグアイ、そしてアルゼンチン国内でのツアーに参加。

2010年より「サボール ア タンゴ」のダンサーとして活動を開始。
2年間にわたってデモンストレーション、グループ・プライベートレッスンを行う。
2013年現在、世界大会では400ペアの中から33位の成績を残した。

タンゴダンス界若手の注目株。

>>舞台公演タンゴオリジン2014・出演者情報に戻る

>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーに戻る

サブコンテンツ