アンドレス・リネツキー(Andres Linetzky)

 アンドレス・リネツキー (Andres Linetzky)

 1974年、アベジャネーダ生まれ。アベジャネーダ音楽学院にて
 クラシック、タンゴ、ジャズ、作曲法を学ぶ。
 巨匠オラシオ・サルガン、カルロス・ガルシアらに師事。
 カルロス・ガルシア=ラウル・ガレーロ指揮の名門、
 市立ブエノスアイレス・タンゴオーケストラのピアニストとして
 抜擢され注目を集める。

正統的なタンゴ奏法、解釈、優れたセンスと高い技術が、高く評価されている
タンゴ界の未来を担うホープの一人。
1997年、タンガータ・レア五重奏団quinteto Tangata Reaに参加、
アメリカ合衆国へ2度のツアー、ヨーロッパに1度のツアーを行う

1998年、タンゲリーア「セニョール・タンゴ」の専属楽団のピアノ奏者

1999年、ブエノスアイレス市立タンゴ・オーケストラに参加、
リーダーとしてグループを結成、この時のグループから現在の
バーレ・タンゴが誕生した。
以降、ヨーロッパでの活動にも力を入れ、現在まですでに
9枚のアルバムを発表、確固たる地位と人気を築いている

今回で3度目の来日となる大の親日家。
バーレ・タンゴではピアノ、音楽監督、編曲を担当。

>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーのページに戻る

サブコンテンツ