ニコラス・カプシツキ(Nicolas Capsitzki)

 ニコラス・カプシツキ (Nicolas Capsitzki)

 1976年、ブエノスアイレス生まれ。17歳までギターの習得に
 励んできたが、アベジャネーダ音楽学校に入学しタンゴの
 演奏家としての道に進んだ。
 バンドネオンは20歳の時に興味を抱き、
 2年後にはワルテル・カストロの下でバンドネオンの習得を本格的に開始。

翌年にはネストル・マルコーニに師事。
2000年、”エル・トランビア”のグループに参加、3年間同グループで活動した後、
2002年、ピアソラの「バンドネオンとオーケストラのためのコンチェルト”アコンカグア”」演奏のために、ドイツのシュツットガルト室内楽団に招かれ共演した。

2003年、エル・トランビアを退団し、タンゴ学院オーケストラに参加。
2004年から、Vale Tango 六重奏団 に参加している。
バーレ・タンゴでは第一バンドネオンを担当。
円熟を迎えつつある演奏には好評がある。


>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーに戻る

サブコンテンツ