アレハンドロ・シャイキス(Alejandro Schaikis)

 アレハンドロ・シャイキス (Alejandro Schaikis)

 1963年、ブエノスアイレス生まれ。
 Ljerko Spiller, Simon Bajour, 他に師事しヴァイオリンを学ぶ。
 1982年からマージョ室内楽団の創設メンバーの一人として
 国内外多くの都市でコンサート及び録音に参加。
 1987年、メニューイン音楽アカデミーの奨学生としてスイスに渡り勉学に励む。
また、 Lysy-Gstaad 室内楽団の一員としてヨーロッパ各地で演奏。
1992年からアルゼンチン国立交響楽団の第2ヴァイオリン奏者
として現在に至る。同時に Vale Tangoに参加。
これまで、世界的な大ヒット・タンゴダンス・ショー「タンゴ x 2」
の第1ヴァイオリン、またR. アルバレスの ”コロールタンゴ”
の第1ヴァイオリンとして活躍。
バーレ・タンゴで第一ヴァイオリンを担当。


>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーに戻る

サブコンテンツ