東谷 健司(Kenji Azumaya)

 東谷 健司 (Kenji Azumaya)

 1969年生まれ。三重県鈴鹿市出身。早稲田大学文学部卒。
 オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ91年度バンドマスター。
 あがた森魚のアルバム『バンドネオンの豹
 (ジャガー)』に衝撃を受け、
 1988年よりオルケスタ・デ・タンゴ ワセダでタンゴの
 演奏を開始。
オマール・バレンテ、カルロス・ニエシ等アルゼンチンのトップアーティストたちと
赤坂にあったライブラウンジ「ノスタルヒアス」にて数年間にわたり共演。
以後、アルゼンチンの多くのトップアーティストたちと共演。

1996年から2002年頃までは、”小松亮太とタンギスツ”に参加。

1996年、ピアニスト熊田洋とタンゴデュオ “エル・タンゴ・ビーボ”を結成。

2008年より、あがた森魚のサポート・ミュージシャンとしても活動、
同時に2009 年からは、”オルケスタ・アウロラ”のコントラバスとしても活躍。


>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーに戻る

サブコンテンツ