ダンサー情報:クリスティアン&ナオ

クリスティアン&ナオ[Cristian & Nao]

クリスティアンはブエノスアイレス州サラテの出身。
1999年15歳のときタンゴスクールに通い始める。
最初の師匠はニコラス・コボ(Nicolas Cobos)、
その後さまざまなダンサーに師事する。

ナオは、幼少期よりクラシックバレーを踊っており、
タンゴの前には4年間フラメンコも踊っていた。
二十歳のころ、映画『12モンキーズ』でピアソラの
タンゴ曲に感銘をうけ、音楽からタンゴに触れるようになる。
正式なペア結成は2007年1月。

クリスティアンは、2005年にアルゼンチンでのタンゴダンス世界選手権にて、
ステージ部門第四位を獲得。ナオは、2005年ジャパン・オープンタンゴダンス選手権
にてサロン部門準優勝。

2008年よりペアを組み本格的に活動を開始、国内外の数々のショーに出演し
人気を博している。

2008年、Japan Openタンゴダンス選手権サロン部門・ステージ部門共に準優勝。

2009年、アルゼンチン タンゴダンス世界選手権アジア大会サロン部門優勝/
同世界選手権ステージ部門3位受賞。


>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーに戻る

サブコンテンツ

講師紹介

takehara
竹原 浩司(たけはら ひろし)

幼少期はバレエ、その後、社交ダンスのプロを経た後、アルゼンチンタンゴのプロとして25年以上在籍。巨匠リバローラ&マリア、ミゲルアンヘル・ソット、セルヒオ・ガチ、ガビートなど一流のマエストロ達の下で10年以上のブエノスアイレス留学経験を持つ。


ダンス以外にも剣道四段など身体感覚を微細に捉える能力に優れる。これらの経験を活かし、初心者には分かりづらい「身体感覚」を具体的な言葉として伝えるレッスンを展開中。従来の経験と勘に頼る指導とは一線を画すその指導メソッドは、特にダンス初心者・中級者に好評を得ている。