アーティスト情報:マキシミリアーノ&シンティア

マキシミリアーノ&シンティア[Maximiliano & Cinthya]

マキシミリアーノは16歳でサラテ市のバレエ団に、
シンティアは15歳でコロン市のバレエ団にそれぞれ入団。
その後頭角を現す。2009年「ルナ・デ・タンゴ」構成員、
シンティア・トミノとペアを組み、チリ・ウルグアイ・
アルゼンチンのツアーに参加。
ルナ・デ・タンゴ・ダンスカンパニーの主要メンバーとして
チリ、ウルグアイ、そしてアルゼンチン国内でのツアーに参加。

2010年より「サボール ア タンゴ」のダンサーとして活動を開始。
2年間にわたってデモンストレーション、グループ・プライベートレッスンを行う。
2013年現在、世界大会では400ペアの中から33位の成績を残した。

タンゴダンス界若手の注目株。

>>舞台公演タンゴオリジン2014・出演者情報に戻る

>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーに戻る

サブコンテンツ

講師紹介

takehara
竹原 浩司(たけはら ひろし)

幼少期はバレエ、その後、社交ダンスのプロを経た後、アルゼンチンタンゴのプロとして25年以上在籍。巨匠リバローラ&マリア、ミゲルアンヘル・ソット、セルヒオ・ガチ、ガビートなど一流のマエストロ達の下で10年以上のブエノスアイレス留学経験を持つ。


ダンス以外にも剣道四段など身体感覚を微細に捉える能力に優れる。これらの経験を活かし、初心者には分かりづらい「身体感覚」を具体的な言葉として伝えるレッスンを展開中。従来の経験と勘に頼る指導とは一線を画すその指導メソッドは、特にダンス初心者・中級者に好評を得ている。