会田桃子|クアトロシエントス(Momoko Aida & Cuatrocientos)

会田桃子①  会田桃子②

国内外、各地でライブ及びコンサート活動を展開、またタンゴ ダンスショーや
アルバム製作(2005年1月「四月のうた」を国内で、
2007年「TANGO」~yong song plays Piazzolla~を韓国でリリース)などを
精力的に行う中、日本人の生み出す、ピアソラ以降の現代タンゴの形を模索すべく、
メンバーのオリジナル作 編曲に、非常に強く力を注いでいる。

2004年 ヴァイオリンのラミーロ・ガジョをゲストで招きライブを行う。
2005年 韓国の人気番組EBSスペース共感に、チェリスト、ユンソン氏と共に出演。
2006~2009年 数回に渡り、韓国、香港での公演や、豪華客船内でのショーを
度々行っている。

2009年2月には六本木STB139にて、クアトロシエントスのライブに、
ユンソン氏を韓国から招き、1stセットでは会田桃子自身の書いた脚本を元に、
「チキリンデバチン」という芝居仕立てのタンゴショーを行い、好評を博した。

同じく2009年2月に、2ndアルバム「El sabor de CUATROCIENTOS」
をレコーディング。 全12曲、メンバーのオリジナル曲による意欲的な
アルバムをリリース。

その他、アルゼンチンタンゴダンサーの巨匠、ファンカルロスコペス、
ミゲル・アンヘル・ソトなどとも数多く共演し、本場アルゼンチンの
ミュージシャンやダンサーからも、非常に高い評価を得ている。

会田桃子クアトロシエントス

会田桃子[ヴァイオリン、ヴィオラ]
北村聡  [バンドネオン]
林正樹  [ピアノ]
西嶋徹  [コントラバス]


>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーのページに戻る

>アルゼンチンタンゴページに戻る

サブコンテンツ

講師紹介

takehara
竹原 浩司(たけはら ひろし)

幼少期はバレエ、その後、社交ダンスのプロを経た後、アルゼンチンタンゴのプロとして25年以上在籍。巨匠リバローラ&マリア、ミゲルアンヘル・ソット、セルヒオ・ガチ、ガビートなど一流のマエストロ達の下で10年以上のブエノスアイレス留学経験を持つ。


ダンス以外にも剣道四段など身体感覚を微細に捉える能力に優れる。これらの経験を活かし、初心者には分かりづらい「身体感覚」を具体的な言葉として伝えるレッスンを展開中。従来の経験と勘に頼る指導とは一線を画すその指導メソッドは、特にダンス初心者・中級者に好評を得ている。