竹原浩司(Hiroshi Takehara)

竹原浩司1991年~1994年アルゼンチンに渡り、主にリバローラ&マリア、ミゲルアンヘル・
ソット、セルヒオ・ガチ、ガビート、エドアルド&グロリア、セルビオコルタッソ・
フィルポ等に師事。帰国後、タンゴダンサーとして活躍。
1996年、松竹ダンスプラザ設立に携わり支配人として活躍。
以後独立、プラザ・デ・タンゴタケハラを設立。渋谷東急
BEカルチャーセンター 多摩毎日文化教室、東急セミナー
BE青葉台、港北カルチャー南センターの講師を勤める。
2000年、ニューヨーク留学、カルロス・ガビートに師事。

2002年、日本アルゼンチンタンゴ教師協会設立の際に専務理事として携わり、
副会長を勤める

2003年、日本武道館で開催された、ワールドワンズフェスティバルの
アルゼンチンタンゴの部すべてをプロデュース

2004年、第一回タンゴダンス世界選手権アジア大会の開催支援
タンゴリベルタ2004出演

2005年、東京タンゴフェスティバル2005実行委員長、カルロス・ガビート
追悼ミロンガ運営

2006年、タンゴダンス日本上陸20周年記念グランミロンガ開催協力
ならびにデモ出演。MilongaNightTokyo2006主催
若手育成のため、Tango%ダンスユニットプロジェクトを立ち上げ
同年、株式会社タンゴオリジンプロダクションを設立。

2007年、タンゴオリジンとして、各ホテルでのディナーショー、
イベント企画、ファッションショー、振付等を企画・開催

2013年プロモーター部門設立、及び、東京タンゴフェスティバル実行委員会設立
9月より神奈川でのアルゼンチンタンゴ普及のためにサイトーダンス
スカイスタジオと協賛し生徒の育成に務める
日本各地でのタンゴショー、ワークショップも開催中。

2014年タンゴショー全国ツアー、北海道、横須賀、横浜、東京、名古屋、
米子、飛騨高山(岐阜県)で決定。
同年、制作会社の株式会社トップシーンと業務提携を開始。
現在全国ツアーの公演、興行の企画運営を行う。


>>アルゼンチンタンゴ・ダンサーのページに戻る

>アルゼンチンタンゴ・ページに戻る

サブコンテンツ

講師紹介

takehara
竹原 浩司(たけはら ひろし)

幼少期はバレエ、その後、社交ダンスのプロを経た後、アルゼンチンタンゴのプロとして25年以上在籍。巨匠リバローラ&マリア、ミゲルアンヘル・ソット、セルヒオ・ガチ、ガビートなど一流のマエストロ達の下で10年以上のブエノスアイレス留学経験を持つ。


ダンス以外にも剣道四段など身体感覚を微細に捉える能力に優れる。これらの経験を活かし、初心者には分かりづらい「身体感覚」を具体的な言葉として伝えるレッスンを展開中。従来の経験と勘に頼る指導とは一線を画すその指導メソッドは、特にダンス初心者・中級者に好評を得ている。